あやか

スタッフあやか

AYAKA

ボイストレーナーという仕事は、やりがいがありますし、本当に楽しいです。
また、人に教えることで、自分の演奏活動に活かされることがたくさんあります。そして何より、歌を始めた頃の自分を思い出します。初心に返ることができます。ボイストレーナーは、とても魅力的な仕事です。

♪ 経歴(プロフィール)

昭和音楽大学音楽学部声楽学科声楽コース卒業。学部卒業時に優等賞を受賞。また、学内コンクールにおいて奨励賞(第2位)を受賞。学部卒業後、同大学の大学院に進学し、本格的にオペラを学ぶ。学内推薦により、Mariella Devia、Dante Mazzolaのレッスン及びマスタークラスを受講。また、テレビや映画に合唱、バックコーラスとして出演。その他、様々なコンサートに出演し、クラシックを中心に音楽活動を行っている。

♪ 応募動機

大学院に進学し、本格的に歌やオペラの専門的なことを勉強し始めてから、ボイストレーナーの仕事に興味を持つようになりました。
また、歌を専門に学んできたことを活かせる仕事がしたいという強い思いもありました。
そんな時に、ミュウでボイストレーナーとして働いている大学院の友人から、「ボイストレーナー楽しいよ!やってみなよ!」と声をかけて頂き、応募を決めました。

♪ MyUの魅力

MyUの一番の魅力は、
働いているインストラクターの皆さんです!
ボイストレーナーという初めての仕事で、
不安しかなかった私に、先輩のインストラクターの方々が、とても親身になって声をかけて下さり、様々な視点からたくさんのことをご指導して下さいました。
また、生徒さんと向き合う姿勢が本当に素晴らしいです。MyUのインストラクターは、優しくて暖かい方々ばかりです。
その暖かい人柄というものが、スクール全体のアットホームな雰囲気に繋がっていると私は感じています。そこが、1番の魅力だと思います。

♪ やりがい

「先生のおかげで、〜ができるようになりました!」「ありがとうございます!」
「レッスン楽しかったです!」生徒さんからこの3つの言葉を聞けた時は、本当に嬉しいですし、この仕事をやって良かった、歌を勉強してきて良かったと心から思います。これがボイストレーナーのやりがいだと感じています。

♪ 印象に残っているエピソード

ある生徒さんに、「先生、歌って頂けますか?」と言われて、レッスン中に自分の専門であるオペラを少しだけ歌いました。私は、正直引かれてしまうかなと思っていたのですが、その後、生徒さんに「鳥肌が立ちました。私もクラシック勉強してみたいです!」と言われました。自分の専門分野であるクラシックに興味を持って頂けたことが本当に嬉しかったです。
今もその生徒さんには、ポップスとクラシックを並行しながらレッスンを行っています。

♪ 生徒さんに教える上で大切にしていること

私は、生徒さんとのコミュニケーションと信頼関係を築くこと、この2つを大切にしています。
「この先生なら大丈夫!」「この先生に指導してもらいたい!」と生徒さんに思ってもらうためには、まず信頼関係を築いていかなければならないと思います。
その信頼関係の上で、生徒さんと向き合っていくことが大切だと私は考えます。

技術的な部分においては、まず、生徒さん1人1人の課題を見つけ、その課題を克服するためのトレーニング方法を考えていきます。
次に、何のためにこの練習をするのか、分かりやすく具体的に伝えます。
そして、生徒さんと一緒にステップアップしていく、生徒さんに「変化」を体感してもらう、そんなレッスンを心がけて日々取り組んでいます。